綺麗な肌とうなじと裸について

綺麗な肌を作るとなると、どうしても顔ばかりに目が向いてしまう人もいます。
確かに顔はとても目立つ場所で、年中露出しているのでここはきれいにしておかなければいけないと思うのは、人間としてはごく自然な事です。
しかし、顔ばかりに意識を向けてしまうと、結局はその他の部分の肌の手入れがおろそかになってしまう可能性もあります。
できれば裸になった時にある程度きれいな肌をキープしておく事、これが必要ではないでしょうか。
肌かになると言っても、全身が見えてしまう事はあまりありません。
やはり見えやすいのは上半身で、顔以外であればデコルテの部分、背中の肩甲骨の間、後はうなじなどでしょう。
デコルテは自分でも見る事ができる部位なので裸になった時でも大丈夫な様に手入れをする事は比較的簡単です。
しかし注意したいのは背中の肩甲骨の間とか、うなじでしょう。
肩甲骨の間はどうしても肌荒れを起こしやすく、髪の毛の長さによってはずっと刺激し続けてしまうので肌がぶつぶつになってしまう事も珍しくありません。
ここが荒れていると美肌にはほど遠くなってしまうので、まずは髪の毛が長い場合は結っておく事、さらにシャンプーなどが残らない様に注意する事が重要です。
もう一つ裸になる時に気を付けたいのがうなじの手入れです。
うなじは自分では見る事ができない部位で、人によっては全く手入れをしていないという事も珍しくありません。
しかし手入れをしないと荒れてしまったりする事もあるので、きれいに洗っておく事、さらに乾燥肌の人等は保湿しておく事が重要です。
うなじがきれいだと裸になってもきれいに見える場合も多々あるので、顔に比べると手を抜いてしまいがちですがしっかりとスキンケアをしておきましょう。